BLOGブログ

WEB Domani通信

ロイヤルホスト「カレーフェア」の頂点に立ったカレーって!?

12.06.20

ちょっと前に、友人たちと「最後の晩餐で食べたいものは何?」という話で盛り上がってました。お寿司という人もいれば、ステーキが食べたい人、サラダだけでいいって人、ほんとさまざまでしたが、私はなんといっても「カレー」。まあ、ひとくちにカレーと言っても、インドカレーからタイカレー、欧風カレー、英国風カレー、日本の醤油が効いたおそば屋風カレーなどさまざま。その中でひとつに決めるのは甲乙付けがたくて、さらに悩むハメになったんですが、でもまあ、国民的にみんな好きですよね? カレーって。

そんな中、『ロイヤルホスト』の夏の風物詩「カレーフェア」が、今年なんと30周年ということで、これまでのレシピ30品から人気投票を行ったんだそう。そして6月19日から、21,189票の人気投票でベスト3に入ったカレーが、特別なターリとして販売が開始! 試食会が行われると聞いて、さっそく行ってきました。

120620curry_1.jpg
じゃーん、これが「みんなで選んだカレーターリ」(¥1,659)。3種のカレーのうち、左端が第3位の「特選 海の幸カレー」。一見、具が海老しかない、シンプルなカレーと思いきや、その濃厚さにびっくり。何でも海老の殻を粉砕してソースにしてあり、まるでアメリケーヌソースのような贅沢さ。ナンとも相性抜群。そして、右端が第2位の「マハラジャ風 インドチキンカレー」。「やっぱカレーはチキンでしょ」って人には、たまらない味。程よく辛いんですが、甘味もあって、スパイスの複雑な味がご飯にぴったり。そして、第1位が中央の「ザ・ロイヤル シェフカレー」。まろやかな玉ねぎとごろっとした牛肉がたまらない欧風カレーが第1位。みんな大好きなのも納得の味ですねえ。しかし、ターリって、いろんな味が一度に食べられるので、あんまり悩まなくていいですよね(笑)。シャキシャキのコールスローが、また口直しにぴったりなんですよ。

実は、カレーフェアにあるメニューは、カレーターリだけじゃありません。

120620curry_2.jpgここは、はしょってカレーだけご紹介(笑)。左の写真の下が「彩り野菜の農園風トマトカレー」(¥1,029)。「トマトカレー」と言うだけあって、トマトのさわやかな酸味が効いた、暑〜い時期、さっぱりしたいときにおすすめのカレー。野菜カレーと思いきや、実はビーフのキーマカレーになってて、男性にも人気が出そう。上段、左は「ロイヤル印度チキンカレー」(¥1,029)。同じチキンカレーでも、ターリのチキンカレーと違って、ちょっと日本っぽいので、ご飯が進む進む…。もうひとつご飯が止まらなくなるのが右端の「ビーフジャワカレー洋風定食」(¥1,554)。インドネシアの留学生がまかないでつくったカレーを教わり、ロイヤル風にアレンジしたカレーで、昭和40年代に登場した当時の味を再現。そして、中央が人気の高い「カシミールビーフカレー」(¥1,134)。メニューの中でも、いちばんサラッとしているんですが、いちばん辛いかなあ…。18種類のスパイスを使用しているという複雑な味は、1983年第1回カレーフェアに登場以来、人気No.1。確かにこのカレーを食べると「今年もロイヤルホストのカレーフェアが始まったんだなあ」って思いマス。

食後は、「プチ・ハッピーデザート ソルベココ」(¥126)(¥300(税込)以上注文の方限定のセットデザート)で、辛くなってしまった口の中をさっぱりと…。濃厚なココナツソルベで、夏気分も盛り上がります。みなさんの好きなカレーは、メニューの中に入ってましたか? やっぱ、暑い時期はカレーですよね。

担当:仮面ライターまゆ

PROFILE

WEB Domani通信

WEB Domaniスタッフが、犬のような鋭い嗅覚で集めてきたHOTな情報をご紹介。ファッション、美容、グルメ、映画などなど、さまざまなジャンルで、自らのカラダを張って体験したことを、リアルかつエキサイティングに綴っていきます。

♠ つっちぃ

映画もスイーツも大好き! という繊細な乙女心を持ちつつもスポーツカーが大好きで趣味は筋トレ。毎日カメラを片手に、いいモノ、楽しいことを探しまわっている。

♥ 仮面ライターまゆ

主な出没場所:本屋、デパートのコスメ売り場。新色のコンプリート買いは、当たり前。必殺技は「それ、全部いただくわ〜」。自他ともに認める衝動買いの女王。

RECENT ENTRY

ARCHIVE

CATEGORY

小学館雑誌定期購読Privacy policy小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。